コロナ禍のタリンの様子 現在

エストニア生活

どーもTaroです。世界中コロナ禍でタリンの様子を一部お届けします。ようやくタリン市でもマスク着用が定着してきたのではないのかなと思います。

1ヶ月前はバスやトラムのような公共機関でもマスクを着用していない人もちらほら見受けられましたが、今はほぼ100%の人が着用しています。

※政府の制限措置、罰金などもあるからかと。

旧市街地のショーウィンドウですが、マネキンさんもマスクを着用していますね。

至るところでマスクをつけましょうみたいなアナウンスが流れています。

近くのドーナツ屋さんのキャラクターにすらマスク着いてます!

どこの建物の入り口にもだいたいアルコール消毒のディスペンサーが設置されています!

タリンの中心にあるビルケスクスの入り口にはマスクの自動販売機が設置されています。

バスの中のつり革のところにもマスクの注意喚起がされています。記載はロシア語、エストニア 語のですが、車内のアナウンスはエストニア 語→ロシア語→英語となっています。

今までは英語で車内のアナウンスは無かったのですが、英語話者が増えてきた背景があるのかなと思っています。

ショッピングセンターでも結構頻繁にアナウンスが流れていて、YouTubeの広告でもお医者さんが注意喚起するという内容で広告がバンバン出されています。

2021.01.17まで政府から制限措置が出されている状況です。レストランなど飲食店はイートイン禁止とかなりつらい状況です。

少しでも良くなることを祈って。

コメント

タイトルとURLをコピーしました